オシャレ大逆転マガジン

世界一ダサかった僕が、一気にオシャレになって周りを見返してやった話【第1話】

オシャレの法則
ラフくん
ラフくん
オシャレの大逆転マガジン!
ハツマ
ハツマ
ファッションをゼロから解説するシリーズだ!
  • 男なら、誰だってカッコよくなりたい。
  • でも、何から手をつければいいのか分からない…。

この記事は、そんな悩みを持つメンズに向けたシリーズの第1弾。1話ずつ読んでいけば、オシャレになる方法が少しずつ分かってくる。そんなシリーズを目指します。

まずそもそも、ファッションってハードルが高くないですか?オシャレになりたくても、恥ずかしくて躊躇してしまう人も多いと思います。

  • 服を変えたら友達にいじられるんじゃないか
  • お店に入っても恥ずかしいし疲れる
  • 雑誌を読んでも意味がわからない

僕もかつてはそうでした。自分にはセンスがないからと落ち込み、ファッションは諦めていましたね。

でも、本当は違う。誰だって、やり方さえ学べばオシャレになれます。

「過去の自分と同じ悩みを持った人の力になれたら。」このシリーズを通して、一緒にオシャレになっていけたら嬉しいです。

ラフくん
ラフくん
僕と一緒にオシャレになりましょう!
ハツマ
ハツマ
第1話では、僕の昔の話をするよ。少しでも共感してもらえたら嬉しいな。

制服しか持っていなかった高校時代

ラフくん
ラフくん
ファッションなんて知らなかったんだね
ハツマ
ハツマ
休みの日も制服か体操服だったからね(笑)

当時通っていた高校は、校則ガチガチの仏教校。制服なのは当たり前、髪型まで校則で細かく決められていました。

そんな環境では、ファッションに興味が湧くはずもなく、持ってる服は制服(と体操服)だけ。休日もそれで出かけたりしてましたね(笑)

その分勉強や遊びに打ち込めたので、それはそれで楽しい日々を過ごしていました。大学に入学するまでは…。

ラフくん
ラフくん
すっごい高校だね
ハツマ
ハツマ
おかげでお経唱えられるようになったよ

なんだこれは!?大学入学でカルチャーショックを受ける

ラフくん
ラフくん
カルチャーショックを受けたんだね
ハツマ
ハツマ
まるで世界が違ったね!(笑)

ダサかったときのコーデ画像晴れて大学入学を果たした僕は、スキップしながら新歓イベントへ!しかしそこで、自分が浮いていることに気付きます。

  • 「変わった服着てるね(笑)」
  • 「おいまた童貞みてえなやつがきたぞ!」

気づけばこんなこと言われまくってましたね(笑) ちなみに、当時のぼくの服装がこちら↓

  1. 謎のスターウォーズTシャツ
  2. 染みのついたジーンズ
  3. ボッロボロの運動靴


たしかに世界一ダサい👍

思い返せば、友達の親御さんに「ちょっと服変えた方がいいと思うなあ」と言われたこともありました。間違いないですね(笑)

ラフくん
ラフくん
キリンのぼくから見ても、高校の制カバンはやばいね
ハツマ
ハツマ
高校の制カバンってめっちゃ使いやすいんだよね〜〜

オシャレになろうと決意!しかし挫折する

ラフくん
ラフくん
自分なりに頑張ったんだね!
ハツマ
ハツマ
でも難しかった…!
ダサかったときのコーデ画像2
  • 服装をバカにされる
  • 女の子にフラれまくる^^

そんなことが重なり、悔しくなった僕はオシャレになろうと決意!でも、そもそも何から手をつければいいのか分かりませんでした。

  1. 服を変えたら友達にいじられるんじゃないか
  2. お店に入っても恥ずかしいし疲れる
  3. 雑誌を読んでも意味がわからない

この3つを堂々めぐり。変わりたいもののどう頑張ればいいのかも分からず、ずっと苦しんでいましたね。

ラフくん
ラフくん
大変だったね…。
ハツマ
ハツマ
だからファッションで悩んでる人の気持ち、痛いほどよく分かるんだよ。

それでも変わりたくて、とにかくファッションを勉強した

ラフくん
ラフくん
どうやって勉強したの?
ハツマ
ハツマ
雑誌やネット記事を読みまくってたね!
  • 意味の分からないカタカナ語
  • 全く無縁だったキラキラした世界

最初は慣れない情報に大苦戦。でも、とにかくがむしゃらに雑誌やネット記事を読みまくりました。

しばらくはチンプンカンプンでしたが、次第に内容が分かるように。そして、半年…1年と経つうちに、ファッションの本質が見えてきました…。

  1. ファッションには法則がある
  2. その法則さえ理解すれば、センスはいらない
  3. 安いブランドでもオシャレは作れるんだ

色んな服装で大学へ行き、周りの反応を見ながら実験する日々。振り返ると面白いですが、当時は必死でした(笑)

ラフくん
ラフくん
自分で実験してたんだね
ハツマ
ハツマ
これでも全力で頑張ってたんだよ…!

ある日突然、ファッション雑誌に載る

ラフくん
ラフくん
すごい!
ハツマ
ハツマ
これは大きな自信になったね!

必死でオシャレを勉強していたある日。街中を歩いていると、突然声をかけられました。

  • 「すみません!FIN○ BOYSのカメラマンなんですけど」
  • 「お兄さんのコーデ、雑誌に載せたいんでスナップしてもいいですか?」

それは、僕が必死で読んでいたファッション雑誌のカメラマンでした。あの時は本当に嬉しかった…!

雑誌に載ったときのコーデ画像今から見ると、THE・普通のコーデなんですが(笑) を愛用していた頃に比べると、大きな進歩でした(笑)

何より、載ったのが勇気を出してずっと読んでいた雑誌ですよ。認められた気がして、感慨深かったですね…。

ラフくん
ラフくん
嬉しかったんだね…!
ハツマ
ハツマ
自分のやってきたことは間違ってなかったんだ!って思ったよ!

でもやっぱり、周りからは色々言われた

ラフくん
ラフくん
色んな人がいるよね
ハツマ
ハツマ
特にファッションはケチつけやすいからね

こんな風に頑張っていた僕ですが、やはり周りの反応は様々。イヤなことを言われることもありました。

  • 「調子乗るなって」
  • 「おまえめっちゃダサいで」

出る杭は打たれる。ファッションに限らず、努力で自分を変えたとき、ネガティブな反応を受けることは必ずあります。

しかし、裏を返せばそれは「自分の変化が認められている」ということ。「打たれるレベルの杭になれた」という証拠です。

となれば、次にすべきことはただひとつ。「誰にも打てないレベルの杭になる」だけです。

悔しかったですが、この言葉を胸に必死で頑張りました。たかがファッションですが、当時は僕の全てだったんですね。

ラフくん
ラフくん
よーく頑張ったよ!
ハツマ
ハツマ
なんだかスポーツ漫画みたいだけど(笑) とにかく負けたくなかったんだな。

そして、少しずつオシャレになっていった

ラフくん
ラフくん
昔と比べたらすごい進歩だ!
ハツマ
ハツマ
まだまだ頑張らないとだけどね!

あれから数年。昔は大の苦手だったファッションも好きになり、少し自信もつきました。

全身ユニクロコーデ1全身ユニクロコーデ2全身ユニクロコーデ3これらは全部、全身ユニクロコーデ。お金を使わなくても、ユニクロだけでオシャレできるまでに成長しました。

結論、オシャレにはセンスもお金もいりません。法則さえ理解すれば、誰でもオシャレになれるんだと実感しました。

ラフくん
ラフくん
センスもお金もいらないんだ!
ハツマ
ハツマ
もちろん、ブランドにはブランドの良さがあるんだけどね!

これは、あなたの物語。あなたもきっとオシャレになれます。

ラフくん
ラフくん
ぼくもオシャレになれるかな!
ハツマ
ハツマ
絶対なれるよ!工夫すれば、身長も体格もカバーできる!

僕は、数年かけてやっとオシャレになれました。でも今から考えると、かなり遠回りしてしまったなと思っています。

  • 最初からオシャレの法則が分かっていれば…
  • もっと簡単にオシャレになれたのに…

「過去の自分と同じ悩みを持った人の力になれたら。」それがこのシリーズのコンセプトでした。

  1. ファッションの悩みを持つ人を助けたい
  2. オシャレの法則を、分かりやすく伝えられないか
  3. どうにか文章で残してみよう

ということで、次回からは1話ずつ読むことでオシャレになれる記事を書いていきます。読み終わる頃には、あなたもオシャレになっていること間違いなし。

僕の持てる知識とノウハウを総動員。とにかく分かりやすく、最短距離でオシャレになれる記事を目指しますよ!

ラフくん
ラフくん
ぼくたちと一緒にオシャレになりましょう!
ハツマ
ハツマ
難しく考えなくて大丈夫だ!サクサク読んでってね!

▼【第2話】ファッションの知られざるメリットとは?

メンズファッション メリット
意外と知らない!メンズファッション7つのメリットとは?【第2話】 彼氏がファッションに興味なさすぎる 旦那にもっとオシャレして欲しい メンズファッション大学には、女性の方から...